豊胸の整形手術後、感触の硬さに関する失敗談

豊胸後におもっていたよりも感触が硬くなってしまい田高(仮名)さんの整形失敗の体験談

初めて豊胸手術を受けた40代の女性です。
初めての試みであったのと高年齢であった為、不安も大きかったので大手の有名な美容整形外科を調べ、そちらでカウンセリングを受け、手術を受けることに決めました。
カウンセリングの際に、豊胸手術のリスクの説明を受けました。
私は、第一の目的が大幅なバストアップをする事でしたので、ヒアルロン酸注入や脂肪注入ではなく、より効果の見えるシリコンを埋める方法を選びました。

その際、シリコンを胸に入れるという事は、身体に異物を入れることだからほとんどの場合は大丈夫だが、身体が拒否反応を起こす場合もあるというリスクと、大幅なバストアップになると手術後、感触や柔らかさに不自然さを感じる人もいるとの事でした。
なので私は、医師のいう通り、シリコンの柔らかさと感触を入念にチェックして、大丈夫と判断して手術して頂きました。

しかしいざ手術が終わって、痛みも引きバストを触ってみると、太ももや二の腕の柔らかさとは違う、硬い感触を感じてしまいとても気になるようになってしまいました。
手術前にその部分に気づくべきでしたが、分かりませんでした。
他に不満はないので慣れるだろうと数ヶ月過ごしてみましたが、バストが不自然に硬い感触は無くなりません。
とてもショックです。

    
サブコンテンツ

豊胸手術の成功体験談はこちらから

このページの先頭へ